ミニマムな暮らし 1LDK

今までのこと これからのこと

滅多に買わないけれど
夏に一度のぜいたく

透明な氷で 自分で淹れた
アイスカフェオレを飲む

突然 子供の頃 
買ってもらった絵本を思い出す

確かこんな内容

 『父親のお土産が “南極の氷”で 
女の子はがっかりしながらも

その氷でジュースを飲むと
妖精のような南極さんが現れ

タクトを振っては 波や流氷やらの
自然のオーケストラが聴こえる』

氷の上の南極さん?
検索したが出てこない

挿し絵は思い出せるのに
題名は忘れてしまった

カランコロン と
音を立てる 透明な氷

夏が終わってしまったかのような
涼しい朝。
広告を非表示にする