読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  ミニマムな暮らし 1LDK

今までのこと これからのこと

古いアパートの “ 近所付き合い ”

 

お世話になっているアパートは

地域柄か 入居者の年齢層が広い

 

学生さんから 同年代ご夫婦

訪問ヘルパーを利用されている

ご高齢の方もいる

 

 

 

 

 

建物は 古いなりの不具合も

もちろん あるけれど

そのぶん 丁寧に

声を掛け合えていると思う

 

先日 階下に入居された方は

「 朝が早い務めなので ご迷惑を 」と

 

最上階までも

ビール券を添えて挨拶に回られていた

 

確かに早朝 かすかではあるが

目覚まし時計のベルが聞こえる

 

なかなか 鳴り止まないず

こちらが目覚める日があっても

 

“ 迷惑 ” というより

“ 〇〇さん 起きられるだろうか” という

思いになる

 

『 知っている 』と

『 何も知らない 』では

感じ方が 全く違うのだ

 

また 入居当時から 時々ある

“ 天井の水漏れ ” では

上のお宅の方とも やりとりをした

 

“ 何をどれくらい流した時に漏れるか ”

水道業者の検査でも分からなかったので

 

生活の中で こちらに漏れた

まさにその時 訪問し

確認し合うという方法で

原因を突き止めた

 

先日「 普段も気をつけてはいたが

近々 修繕工事をしてもらえそう 」

とのことで こちらも安心

声をかけてもらえて 嬉しかった

 

 

 

 

 

逆に 直接 言い難いことは 

“ 張り紙 ” を利用

 

別件で 匿名にはしたが

具体的に 状況と要望を伝えると

 

丁寧なお詫びの “ 返信の張り紙 ” を

もらえたことがある

 

そこには『 考え及ばず申し訳ない  』と

書かれており 

 

“ 悪気はなかった ” という

正直で真摯な思いが伝わる

表現を 教えられた

 

暮らしていれば当然 “ お互い様 ” で

何かしらの影響を 与え合っている

 

事前に伝えること

本来の原因を探ること 

 

至らなかったことへのお詫び

普段からの 挨拶や感謝

 

程よい距離感で

必要最低限の声を 掛け合えたらいい

 

それは 家族も同じ 

 

そんな “ ご近所付き合い ” で

ここに居られるのは ありがたい。

 

f:id:megane26:20160909090512j:image

“ 水漏れ ” やりとりをした Mさん

礼儀正しいけれど さらっとした 素敵な女性

実家枝豆の差し入れをしたところ お返しに頂いた

名古屋のきしめん。

 

 

 

 

 

いつも有難うございます にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ランキング参加中 ⇧