ミニマムな暮らし 1LDK

今までのこと これからのこと

「 雪 」

お題「雪」

 

各地での雪 

お見舞い申し上げます

 

生まれ育った北海道でも

12月や1月まで 少ない年がある

 

このまま 降らないのかと思うと

雪まつりに間に合うように どかっと降り

 

『 一冬 降る量は決まっている 』と

お爺さん お婆さん達が よく言っていた

 

20代に一人暮らしを始めた頃

父母が一時間以上かけて 雪道 車を走らせ

アパート前の雪かきに来てくれた

 

夜遅くに仕事から帰ると

車庫の前がきれいに除雪されている日が

一冬に何度もあった

 

小まめにしないまま 出入りをすると

あっと言う間に 硬く積もり

車庫から出せなくなってしまう

 

私だけでは 到底維持できなかった冬の暮らし

 

仕事も忙しくしていた一時期

大家さんが除雪してくれる

広い駐車場に引っ越したところ

父は何度も「 安心した 」と言っては喜んだ

 

両親にしてみれば

『 仕事でなにか成功した 』なんてことより

『 身体が辛い思い 』をせずにいることの方が

 

なにより 安心することなのかもしれないと

その時 初めて知った

 

雪かきは かなり重労働

若いだけで軟弱な私より

歳のとった父母の方が足腰が丈夫で 

手際が良い

 

仕上がりで 性格がでる

お宅の前を通ると

『 丁寧な仕事をする方だな 』

『 ちょっと雑だな 』などと感じる 

 

母は ダイナミックで仕事が早く

 

父は とにかく丁寧で後の事まで考えて

きれいに仕上げる

 

私といえば 根気がない

 

寒くなったら 父に任せ さっさと暖かい部屋に

逃げ込んでしまう

 

雪かきも たいした家事仕事もできないまま

いい歳になって 嫁に出てしまった

 

昨今の気候では 地球規模の変化を

素人でも実感する 進行具合かもしれないが

 

元気とはいえ 

足腰が心配な両親のことを考えると

雪が少ない冬はありがたい

 

このまま 穏やかな春が来てほしい。

 

f:id:megane26:20160126094308j:plain

一昨年の北海道神宮 六花亭 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

 

広告を非表示にする