ミニマムな暮らし 1LDK

今までのこと これからのこと

ハグ

先日 通りを見渡せるカフェの窓から 
ぼんやりと眺めていた

テラス席に座る 背を向けた男性は
iPadを見ながらも

通りの向こうにある 改札を気にして
誰かを待っているようだった

少しすると 彼に向かい ゆっくりと
歩きながら近づいてくる男性と女性

ご両親と思われる お二人は
大きめのトランクケースひとつと
小さめのショルダーバック

着慣れたポロシャツと短パン
柔らかい花柄のシャツにスカート

それと 満面の笑み

立ち上がった 彼の前にたどり着くと

変わりないことを喜ぶように
全身を眺めてから 
ゆっくりとハグをした

ガラス窓があるのと
聞こえたとしても英語の会話は解らない

ただ 直ぐに 母親に席をすすめ
労うように父親から荷物を受け取り

メニューでお茶を選ぶ彼は
気の利く自慢の息子なのだろう

ご両親はずっと笑顔のまま
彼の顔を見ていた

彼等のゆったりとした動きは
私には衝撃的なほどだった

私は久しぶりに会った家族の顔を
こんな風に眺められただろうか

毎日一緒に過ごす夫の様子に
変わりないかと意識を向けられて
いるだろうか

彼等はまた席を立ち 
楽しそうに歩き出す

とにかく ゆったりとした
歩調と表情が印象的だった

ハグする姿は まるで
スローモーションのように映った


私は “気忙しすぎる” 
歩調や 視線も 
言葉も 表情も 呼吸も

私は “気にし過ぎる”
他人の眼や スマートフォンばかり

もっと 目の前にある 大切なことに
十分に 意識を向けたい。

広告を非表示にする